No.217 ファイトケミカルスとは?

みなさん、大変おひさしぶりです!
Optimal Health Labo代表のU-daiです。

10カ月ほど更新が滞っていましたが
沈黙を破って更新再開です!

久しぶりの連載テーマは「ファイトケミカルス」です!
index_img01
ファイトケミカルスってあまり耳にしない言葉ですよね?
これはギリシャ語のフィト(植物の)という単語とケミカルス(化学物質)という言葉が
合わさってできた言葉だと言われています。
なので、ファイトケミカルスは
『植物にある化学物質』などと訳されることが多いです。
92b3790efb7135b10ee67c410a7fb0ee_s
植物って自力では動くことができませんよね?
夏の強い日差しや、他の動物に食べられる危険性も高いです。
その中で自分の子孫を残すためにどうすればよいのか?
その答えは環境的なストレスから自分が強くなることでした。
acc155b29c5aec039f62efbe17fdf74c_s
太陽の日差しを浴びることは「光合成」といって
植物には欠かすことのできない活動です。
ですが、太陽の日差しには紫外線もたくさん含まれており
その結果、活性酸素が発生し自分の身体を傷つけるリスクも含まれています。
ファイトケミカルスには高い活性酸素吸収力(抗酸化能力)をもっており
これらのような環境的な要因から発生する過剰な活性酸素のために生み出された
成分とも言われています。
fe36df9bda68887977ee941eba3df8c2_s
そして、ファイトケミカルスは
炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維
に続く、第7の栄養素と言われるくらい
あなたの身体にとって大切な成分です。
concept-img
では、このファイトケミカルス。
植物のどこに含まれているのでしょうか?
それを次回、『どこにあるの?ファイトケミカルス』でお伝えしましょう☆

ではでは\( ̄^ ̄)
Optimal Health Labo
代表 U-dai

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ