No.206 2種類のたんぱく質

みなさん、こんにちは!
今日はたんぱく質特集の第2弾です!

今日のお話は
『 2種類のたんぱく質 』についてです。
その2種類とは
①動物性たんぱく質
②植物性たんぱく質です。
protein-02
動物性たんぱく質はみなさんもご存じ
肉はもちろん、魚・卵・乳製品に含まれる
たんぱく質のことを指します。
この動物性たんぱく質の良いところは
①吸収がはやい(空腹時で30分ほど)
②味がつけやすい
という点です。
lgf01a201410021100
逆に動物性たんぱく質の難しいところは
・カロリーが高い(脂肪が多い)。
・男性ホルモンが優位になりやすい。
ということです。
食品で摂るにも、プロテインで摂るにも
カロリーが高くなってしまいます。
そして、動物性たんぱく質の方が
男性ホルモンが出やすくなってしまうのです。
大きな筋肉をつけたいなどの時には適していますが
身体の正常な機能を維持することや
内臓機能のためには植物性たんぱく質の方が
適していると思います。
protein-03
植物性たんぱく質には主に大豆が使われています。
納豆や豆腐には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。
植物性たんぱく質を摂るメリットは
①カロリーを抑えることができる
②女性のホルモンバランスを保つ
③スポーツの場面でリカバリーに優れる
ことです。
org_1
大豆には脂肪がほとんど含まれていないため
動物性たんぱく質と比べてカロリーはとても低いです。
大豆にはイソフラボンという成分が含まれており
このイソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするため
女性にとってのホルモンバランスを整えることができます。
また大豆にはグルタミンという成分も含まれているのですが
このグルタミンが筋肉の修復を早め胃腸の環境を整えてくれる
働きがあるのです。

この植物性たんぱく質の難しいところは
味がつけにくい(美味しくない)ということです。
この点については最近では味のつけやすい
ソイプロテインも出ているので
一度試してみてはいかがでしょうか?

それではまた次回お会いしましょう!
たんぱく質の話はまだ続きます!

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ