No.198 油に溶けるビタミンの話

みなさん、こんにちは!
今日は先週の「水に溶けるビタミンの話」に続き
b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s
「油に溶けるビタミンの話」です!
vitamin02
脂溶性ビタミンには
ビタミンA、D、E、Kが当てはまります。
これらのビタミンには
皮膚や粘膜を健康に保ち、感染症予防にも(A)
カルシウム吸収と骨や歯を作る(D)
抗酸化作用、細胞老化予防(E)
骨格形成、骨粗鬆症予防(K)などの働きがあります。
110162
水溶性ビタミンと違い、脂溶性ビタミンは油に溶けた状態で
脂肪細胞や肝臓に貯蔵されます。

そのため排泄までに時間がかかり、これらのビタミンには
「過剰摂取」の危険性があります。
症状としては頭痛・吐き気(A)、高カルシウム血症(D)
貧血(K)などが起こります。
基準量の10~100倍の量を接種してしまうと過剰接種となります。
偏った食生活は過剰接種の原因となるので
バランスのよい食生活を心がけましょう!
48af1290fb1f61fcdeeb1877f62f5dc5_s
このビタミンは油と一緒に調理することで
吸収率が高くなります!
また熱にも強いため炒めるなどの
調理方法がいいですね!
ビタミンの特性を知って上手に摂取しましょう!

では、また来週お会いしましょう(*・∀-)b
来週のテーマは
「現代人、ビタミン不足!?」です!

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ