No.196 自律神経の乱れ!

みなさん、こんにちは!
今日は6月の3回目の連載です!
今日の話は「自律神経」についてです!

自律神経とは、循環器や消火器、呼吸器などの
活動を調整するために24時間働き続けている神経です。
交感神経と副交感神経の2種類あり
交感神経は活動しているときや緊張しているときに働き
緊張すると食欲がなくなったりします。
副交感神経は休んでいるときや、リラックスしているときに働くので
マッサージをされて筋肉がほぐれると眠たくなったりします。
afdc96d5e54cdb61b06d44ae9e5e1253
いつもは適度に交感神経と副交感神経が切り替わり
私たちの身体は健康な状態を保っています。
しかし、このバランスが崩れてしまうと・・・
当然、身体には不調が現れます。
1211032top
「便秘」「下痢」「疲れやすい」「めまい」「不眠」などなど
原因がハッキリしない身体の不調は自律神経から来ているものかも知れません。
shutterstock_182076398
まさかと思いがちですが自律神経はささいなことで崩れやすいのです。
a80a10124c297d6cb2ffc54208e129a7_s
僕らの身体の中には体内時計があります。
偏った食生活運動不足不規則な生活リズムなど
一定のリズムから逸脱したものが多いと
自律神経は崩れていってしまいます。

この自律神経の乱れをうまく調整するためには?
1404193top
自分の生活をしっかりと見直すことです。
特にバランスのとれた食事、睡眠、運動
私たちの自律神経を整える条件です。

現代社会では自分の健康は保たれているものではなく
自分で保たなければいけません。
自分の生活に気づくことで健康に一歩近づきましょう!

参考サイト
自律神経の乱れ症状・疾患ナビ(タケダ健康サイト)

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ