No.161 さあ!夏バテ対策!栄養編

みなさん、こんにちは!
さてさて、今回で「夏バテ」連載も最終回です。
「夏バテ」に関する意外と知られていないこと
いかがでしたでしょうか?
今日の話は、前回の話でしっかりと摂った栄養を十分に活かすための手段です。
161-1
それは「睡眠」です。
しっかりと摂った栄養は睡眠中の成長ホルモンの働きを活発にし
身体の修復や自律神経の乱れを整えてくれます。

ここで使い方を間違ってはいけないのが「水」と「室内環境」です。
161-2
私たちは1日に1.5~2リットルの水分を体外に排出します。
でも、夏時期には汗をたくさんかくため2~3リットルほどの水が

体外へ排出されていると言われています。
その中で、眠っている時にも普段で500mlの汗をかきますが
熱帯夜では750mlの水分を失うとも言われています。
失った水分はしっかりと補給しなければいけません。
普段に比べて暑い日にはいつもより多めに水分を補給してください。
161-3
そして、室内環境ですが窓を開け空気が通る道を作り
扇風機などを使用する場合には長時間身体に当たらないように工夫しましょう。
ただでさえ、汗をかいて冷やそうとしていますが
そこに風を当ててしまうと汗が気化してしまい
必要以上に身体を冷やす結果となります。
快適な環境を作るのは大切ですが、間違った環境を作ってしまうと
かえって身体を壊してしまう原因になってしまいます。
この辺りもしっかりと注意したいですね。

さて、いかがでしたでしょうか?
北海道ではお盆が過ぎたら暑さも過ぎると言われ
一気に秋に近くなります。
年々、高温多湿の夏になり
体力が落ちたまま秋をむかえるかたも多いと思います。
その中でしっかりと栄養を摂ること
しっかりと睡眠を摂ることがとても重要なことだと
僕はみなさんにお伝えしたいです。

それでは来月の連載内容はまだ未定ですが
来月も毎週火曜日にお逢いしましょう☆

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ