No.158 夏バテ!?

みなさん、こんにちは!
最近、きちんと眠れていますか?
158-1
北海道も年々、湿度が高くなってきたせいか
ムシムシ、じめじめ。
身体にまとわりつくような暑さになってきました。

さて、今月のテーマは「夏バテ」!!
毎日、毎日、暑い、暑い
身体が怠かったり、食欲がなかったり
それって「夏バテ」じゃないの?なんて話になりますよね?

今月はその「夏バテ」に着目してみましょう!

そもそも、なにものなのでしょうか?
「病気」?「精神的なもの」?
「夏バテ」とは・・・
夏の暑さによって、自律神経のバランスが乱れてしまい
その結果、身体に様々な不調が起きること、症状なのです。

古くから「暑気中り」「暑さ負け」「夏負け」と言われ
夏に体力が弱った影響で、秋口に体調を崩した時に使われていたようです。
なので、正しくは夏の時期に体調を崩した時に使うのは間違い!だそうです。
僕も間違った使い方をしておりました(; ̄― ̄A
意外と正しい日本語って知らないものです。。。

では、なぜ夏に体力が弱るのか?
僕たちの身体には体温を一定に保とうとする機能が備わっているのですが
夏の時期は高温多湿のため、そのエネルギー消費量が大きくなります。
ある程度はコントロールできるのですが、そのエネルギーが大きくなった時に
身体に溜まった熱を体外に放出できなくなってしまいます。
この体温を一定に保つ機能が自律神経の機能であり
そのバランスが崩れてしまった結果、様々な体調不良が起きるのです。
158-2
倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘など症状は多岐にわたって
出現します。

この自律神経を乱す原因はなんでしょうか?
昔の「夏バテ」と現代の「夏バテ」の原因は違うものでした。
さて、ここから先は次回8月11日(火)
「夏バテ原因に注目!」でお逢いしましょう☆

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ