ABOUT US

*自己紹介とOHLを立ち上げた経緯
本堂雄大
本堂 雄大
1984年生まれでウォルトディズニーと同じ誕生日。
AB型で母性豊かな子守熊である。

北海道に生まれ、幼少期からバスケットボールと共に成長する。
その中でチームプレイや仲間の大切さを学び、怪我から復帰する際にリハビリを経験し『自分の天職は理学療法士だ!』と確信する。
また『井の中の蛙、大海を知らず』ではいけないとの親の教育方針から幼少期から英会話を学び、14歳で単身アメリカへの短期留学をする。

高校卒業後は北海道から出て、宮城県仙台市の大学へ進学。
20歳になる目前で原因不明の脱毛症となり、悩み多い時間を過ごすが『自分は絶対に理学療法士になる!』という想いで大学を卒業。

大学4年間では勉強もさることながら、いつ完治するかわからない病気、自分の身体を受け入れるということを身体で学び健康であるということの大切さを学ぶ。

その後、北海道へ戻り理学療法士として整形外科で勤務。
患者様の日常生活をどうよりよいものに変えていくか?
Quality of lifeを向上させるためには医療人として、人としてどう関わっていくのかを日々考え、ひとりひとり治療を行っている。

また、社会人1年目でクライミングと出逢い
自然に挑むこと、自分自身へ挑戦する時間ができる。
その中で参加した東京学会、そこでその後の人生を左右する出逢いがある。

後に師匠となる方との出逢い。
師匠との出逢い、クライミング選手へのパフォーマンス向上やコンディショニングを行うことでスポーツトレーナーへの道が拓ける。
この活動の中でもたくさんの選手を紹介してもらい、世界でトップのレベルとはどういうものなのか?と自身の身体から体験する。

トレーナーとして3年間帯同した国体では、女子カテゴリの2連覇や男女アベック優勝、北海道として総合準優勝に貢献。
また日本で行われたワールドカップでもトレーナーとして帯同し日本人選手の高いパフォーマンス発揮に貢献することができた。

現在ではの3つの組織に所属し、クライミング界だけではなく一般の方に向けたコンディショニングセミナーやエクササイズセミナーを開催し貢献している。

「Optimal Health Labo」についてにも書いたが、日々の活動の中で
人間の基本となる「健康」とはなにか?
なぜ「健康」を維持することは難しいのか?
を今一度振り返り、予防医学の大切さをひとりでも多くの人に伝えたいと感じ「Optimal Health Labo」を立ち上げる。

私達、人間に大切な「栄養」や「自分の身体を知る」「病気を知る」ということを伝えるために、このホームページを開設しました。

製作者の櫻井氏も人間の身体をよく知る方でこの方とならひとりでも多くの人により良い情報を発信できると確信し現在に至っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【資格など】

理学療法士
セミナー講師
北海道体育協会指定指導者(山岳競技トレーナー)
JCCA ベーシックセブンインストラクター
JCCA ひめトレインストラクター
所属
・日本理学療法士協会
・日本クライマーズメディカルコンディショニングラボ(JCML)北海道支部長
・日本クライミング傷害研究会(JSCID)理事
・北海道フリークライミング協会(HFA)役員
国際&全国大会帯同
2011年 山口国体山岳競技帯同
2012年 岐阜国体山岳競技帯同
     クライミングリードワールドカップ印西 日本チーム帯同
2013年 東京国体山岳競技帯同




face
櫻井 寿典
1985年、トンガ王国独立記念日生まれ。

長野県のとある小さな村の奥地の生まれ。
村人。
エジプトを放浪中に3回死にかける。
気になったことはとりあえず手を出してみるので、中途半端に広い知識&スキルを持っている。
現在は妻子と共に東京在住。

本サイト・ウェブマスター
JSCC セルフコード・コンディショナー
バルーンアーティスト
フードカメラマン
輸入雑貨販売
などなど。

個人のウェブサイトはこちら
siesta web

サブコンテンツ

このページの先頭へ