食品のGI値について

1453534_617348891661599_527598834_nこんにちは!!
前回の炭水化物連載企画、第2弾『炭水化物で太るってホント?』
に続く第3弾です。

今日のテーマは『食品のGI値について』です。
前回、炭水化物は太るきっかけを作るといいましたね。
特に高GI食品+脂肪の多い食事があなたの体型を崩しているのかもしれないと。

今日はその食品のGI値についてです。
まず、はじめに『GI値』ってなにか聞いたことありますか?
これは炭水化物が消化されて糖に変化するスピードのことなのです。
一応、ブドウ糖が人間の体に一番はやく吸収されることになっているので
ブドウ糖のGI値を100とした時に他の食品はどれくらいなのかってことです。

この値が100に近ければ近いほど、血糖値は急上昇しやすく
その結果大量のインスリンを分泌します。

さっそくいきましょう、高GI食品
食パン=95
フランスパン=95
精白米=88
人参=80
じゃがいも=90
苺ジャム=82
チョコレート=92
といった具合です。

この食品に脂肪が多いものを組み合わせると
食後、血糖値が急上昇し、脂肪もたくさん体に取り込まれます。
さて、あなたの1日の食事の中で高GI値の食品はどれくらいあるでしょうか?

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ