食中毒とは?

10517448_738645146198639_1860274554999716262_nこんにちは!お久しぶりですね( ̄∇+ ̄)v

いやー、北海道も年々暑くなってきました!
そして何より年々蒸してます!
え?(゚д゚)!ホントですよ?
別に今回の連載に無理矢理こじつけているわけではありません!(笑)

今日からの連載テーマは『食中毒』です!
僕は潔癖症なので、消費期限とか賞味期限とか過剰反応してしまうのですが。。。(笑)
1度だけ、食中毒になったことがありました(; ̄― ̄川
今でも忘れません!・゚・(ノω;`)・゚・

あなたは『食中毒』になったことありますか???

そもそも『食中毒』とはなんでしょうか?
『食中毒』とは疾病の総称なのです!
まあ、食べ物とか乗り物みないなくくりのことです。
あなたの身体にとって有害・有毒なものが飲食物を介して
身体に入り、結果として起こる下痢や嘔吐や発熱などの総称です!

ポイントは「有毒・有害なもの」ですよね?
これにはいくつか種類があります。
①細菌によるもの
②ウイルスによるもの
③化学物質によるもの
④自然毒によるもの
の4つです。
ちなみに食物アレルギーは食中毒ではありません。

またどれが原因かで潜伏期間も変わってきますね。
まずは細菌の毒素によるもの
おにぎり・すし・おつくりなどからの発症は1~5時間。
発酵食品・ソーセージなどからの発症は12~36時間。

ウイルスによるもの
生肉からの感染する場合は2~11日
あの有名なO-157もこの部類に入りますが、食中毒の枠を飛び越え
感染症扱いとなります。

化学性のもの
鮮度が落ちた魚・チーズ・発酵食品で増えるヒスタミンが
食中毒を引き起こします。最短発症までなんと20分!

自然毒によるもの
トリカブトなどの植物性のものは数十分
ふぐなどの動物性のものは40~50分

原因が違うだけで、発症までの時間も様々ですね。
これを防ぐためには正しい知識が必要です!

それでは次回、7月31日!
『食中毒を防ぐ3原則!』でお逢いしましょう☆

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ