花粉症対策!栄養編

No.143
連載テーマ『花粉症』
第3回:「花粉症対策!栄養編」

こんにちは!今日は花粉症、連載3回目!
今日は栄養の観点から、花粉症を考えてみたいと思います!

花粉症って体質だから、食べ物で?
って思う人もいるかも知れませんが
花粉症が爆発的に増えた背景には
食べ物の影響も指摘されているのです.

それは食品添加物や抗生物質の登場した影響です.
どちらも共通して言えることは
私達の正常な腸内細菌を減らしてしまう
可能性があるということです.
抗生物質に関して悪いウイルスや菌を除去するときに
使われますが、正常な腸内細菌も一緒に減らしてしまいます.
抗生物質が強いと下痢をするのはそのせいです.

そして、花粉症において鍵となる要因のひとつが
腸内細菌なのです.
そもそも花粉症は身体の免疫システムの過剰反応.
その免疫システムの60%は腸にあると言われています.
100%ではありませんが、腸内環境を整えることで
花粉症症状が軽減した例もあります.

特に
ラクトバシラス アシドフィラス L-92株
ラクトバシラス ラムノーサス
ラクトコッカス ラクティス
と言った乳酸菌には花粉症症状を改善させてくれる
働きがあると言われています.

乳酸菌を摂る際には種類にも気をつけてください!

それでは次回、4月28日(火)にお逢いしましょう!

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ