活性酸素の種類について

993748_771513689578451_6813808548020515273_n連載企画『活性酸素』
第2回:『活性酸素の種類について』

こんにちは!
前回の投稿『活性酸素とは?』でなんとなく
活性酸素のイメージがついたと思います。
今日はその活性酸素の中身についてのお話です。

活性酸素は大きく分けて5種類あります。
①スーパーオキサイド
②ヒドロキシル
③ペルオキシ亜硝酸
④一重項酸素
⑤ペルオキシル

ここで注目すべきは、①を中心に②~⑤が連鎖反応的に発生することです!
そして活性酸素の中でも特にあなたの身体への影響が強いものが2つ!

1つ目①スーパーオキサイドは
体内での代謝過程で発生する活性酸素であり
体内での酸素が外的要因で発生する活性酸素でもあります。
また①スーパーオキサイドは他の物質から電子を奪う力がとても強く
自分が安定しようと様々な場所を攻撃していきます。

数が多く、力も強い、そして他の活性酸素に変化する!
この①スーパーオキサイドがとてもやっかいな存在なのです。

2つめは②ヒドロキシル
この②ヒドロキシルは
最も反応性が高く、最も酸化力が強い。
そしてあなたの体内の糖質やタンパク質や脂質など
あらゆる物質と反応するのです。

この2つの活性酸素があなたの身体に
どのような影響を及ぼすのか?
次回、10月2日(木)!
『活性酸素と生活習慣病の関係』でお逢いしましょう☆
Optima Health Labo

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ