活性酸素と生活習慣病の関係

10703619_772309482832205_1481126846955414836_n連載企画『活性酸素』
第3回:『活性酸素と生活習慣病の関係』

こんにちは!
今月のOptima Health Labo Seminarの開催日時が決定いたしました。
明日、イベントトピックスでアナウンスできるよう準備しています!

今日は活性酸素と生活習慣病についてです!
活性酸素はあなたの身体にとって必要な活動をしています。
ですが、周りの環境から悪影響を受けて
逆にあなたの身体を傷つけてしまうこともあるのです。
正常な機能の場所から電子を奪い、正常に機能しなくなってしまうからです。

特に前回お話ししたスーパーオキサイド・ヒドロキシルは
酸化力が強く、あなたの身体内の脂質・たんぱく質・酵素・遺伝子などが
攻撃を受けてしまいます。
その結果、細胞分裂にエラーが生じ、がん発症のリスクが高まったり
糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクが高まってしまいます。
また、生活習慣病になることでストレスも増幅させてしまう
悪循環に陥り、さらに症状が悪化してしまうこともあるのです。

ここで重要なのが『抗酸化能力』ですね。
活性酸素がたくさんできる環境でも生活習慣にならない人もいます。
同じ環境にいても人によって違いますよね?
では、それはなぜでしょうか?
それは人によって抗酸化能力が違うからではないでしょうか?
では、あなたの抗酸化能力を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか?
それを次回、お話したいと思います!

次回、10月7日(火)!
『活性酸素対策』でお逢いしましょう☆
Optima Health Labo

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ