号外シリーズ アフリカンマンゴーシード

みなさん、こんにちは☆
今日は今年からの新企画!【 号外 】シリーズです!
定期的な連載の他にホットな情報に注目して発信していきたいと思います!

今日はその1回目、
スーパーフードのアフリカンマンゴーシードについて調べたいと思います。
昨年あたりから注目を集めているシード系のスーパーフード。
シード【Seed】=種ということですね。
植物には実よりも、皮や種に【 ファイトケミカルス 】という抗酸化成分が
豊富に含まれており、身体が酸化していくのを防ぐ役割があると言われています。
身体が酸化していくと、病気になりやすいので今注目を集めています。
mango
さて、実はこんな感じらしいです。マンゴーなのに緑色でした!
名前の通り、アフリカに育つマンゴーで
古くから食欲を抑えたり、ダイエットする際に食べられてきた果実です。
アメリカの研究機関でのダイエット効果が認められており、
その認知度も高まってきています。

そしてそのアフリカンマンゴーの種である。
アフリカンマンゴーシード、いったいどのような成分が入っているのでしょうか?
2016-03-06_102213
種ということだけあって、脂質が多くビタミンCも豊富に含まれています。
2016-03-06_102251
脂質についてのその中身はオレイン酸(ωー9)
リノール酸(ωー6)・α-リノレン酸(ωー3)の不飽和脂肪酸が豊富ですね。

そして最大の注目はダイエット効果ですよね。
このアフリカンマンゴーシードの種子エキスには
アディポネクチンというカラダに蓄積された脂肪を燃焼するホルモンと
レプチンという食欲を抑えて脂肪の蓄積を防ぐホルモンを活発にする働きがあります。

この種子エキスについて
『Lipids in Health and Disease』という科学雑誌に研究論文が投稿されています。
そこでは102名の過体重者を対象に1日2回(1回150mg)
10週間にわたって摂取したものです。
その結果
2016-03-06_104445
摂取した群に有意に体重の減少が見られました。
また胴囲、体脂肪率、LDLコレステロール値、総コレステロール値、
C-反応性タンパク、アディポネクチン、レプチンのいずれの項目においても、
摂取グループには大きな改善が見られたそうです。

この調査の中では対象者がどのような食事をしていたのか?
エクササイズなどは処方されていなかったのか?
なと明らかになっていませんが
アフリカンマンゴーシードエキスがダイエットに一役かっているのは
本当のようですね。

またアフリカンマンゴーシードエキスは摂取が多くなると
以下の症状が出る可能性があるようです。
頭痛=血糖値が下がっているため
お腹のはり=代謝が促進されているため

ダイエットに取り入れる際には脂肪少なめのバランス良い食事に
取り入れてみると効果が高いと思います。
また運動することで、バランスの良い体型を目指しましょう!

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ