上手に炭水化物を使って身体を創ろう!!

1458434_620450211351467_114471247_nこんにちは!!
今回は炭水化物連載企画、第4弾『インスリンについて~敵か!?味方か!?~』に続く第5弾です。

今日のテーマは『上手に炭水化物を使って身体を創ろう!!』です。
前回の投稿では血液中の栄養素を細胞に運ぶ同化ホルモン『インスリン』についてお話しました.
インスリンを大量分泌させる高GI食品,緩やかに分泌させる低GI食品ありましたよね?
でも,実際の生活の中では高GI食品を食べたい時もあるし
GI値を気にしてたら美味しい食事ができない!!なんて人もいると思います.
なので,今回はどんな食品でも食後の血糖値を急上昇させない方法をお話したいと思います.

最近,明らかになってきたらしいのですが
食後,血糖値を急上昇させないためのキーになるのが『消化スピード』らしいんです.
高GI食品の食べ物は,消化スピードが速いため血糖値の急上昇を引き起こすものが多いようです.
なので,その消化スピードを遅くすれば血糖値の急上昇を抑えることができるということです.
一番お手軽にできるのが『食べ順を工夫する』ですね.
実際,消化に時間のかかるものは『食物繊維』なのです.
その次が『たんぱく質』,一番消化しやすいのが『炭水化物』です.
あなたの食事の順番を『食物繊維(野菜)』⇒『たんぱく質(肉・魚)』⇒『炭水化物(ご飯・麺類)』にできれば消化スピードをゆっくりすることができ食後血糖値をコントロールすることができるでしょう.

ちなみに僕の周りでは,食前に粉末の食物繊維を飲んでいる人もいますね.

さて,『炭水化物』企画いかがでしたでしょうか?
僕は炭水化物は太るきっかけを作るにすぎないと考えています.
一緒になっている脂肪の量であったり,脂肪の質のせいでよけいな脂肪細胞が成長してくのではないでしょうか?
あなたの昨晩の食事はいかがでしたか?
高GI食品と脂肪過多の食事ではありませんでしたか?

今回のオススメポイントで必ず痩せるというものではありませんが
太りにくい身体を創るための第1歩です.
3大栄養素について,それぞれ連載企画が終わりました.
3大栄養素はあなたにとってもっとも基本となる栄養素で
あなたの身体を創ったり,動かしたりする栄養素です.
これらの質を見直すことも,Optimal Health には必要なことだと僕は思います.

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ