カルシウム・パラドックス

1011103_638081399588348_378997560_nこんにちは!!
札幌は連休でかなり積もりました彡(-ω-;)彡
僕の車も毎日かまくらになってます.
古い車なので,ドアが開かなくなって
解氷スプレーが手放せません...
エンジンもかからないし.
寒いのは苦手と最近感じるようになってきました( 笑 )

今日のテーマは毎日牛乳を飲んでいるのに,骨密度が低い!?
【 カルシウム・パラドックス 】です.

乳製品にはカルシウムがたくさん含まれる!!
乳製品を毎日摂っておけば,骨・関節疾患になりにくい!!
ってイメージありませんか???

でも,実際起こっているのは逆なのです(パラドックス:逆説).
これは乳製品に含まれる乳たんぱくを過剰摂取することにより
カルシウムの排出量が多くなり,逆にカルシウム不足になってしまう
という現象が身体に起こってしまうのです.

またカルシウムは身体の様々な化学反応における着火材の役割を担っているため
カルシウムが不足してくると貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かして流します.
貯蔵されているカルシウムとは・・・骨です.
なので,食事から摂るカルシウムが不足すると骨密度が低下するのです.

血液中のカルシウム濃度が濃いままだと
白血球の働きが悪くなったり
身体が酸性に傾いていったり
筋肉が痙攣しやすくなったり
血行が悪くなったりします.

身体に貯蔵されているカルシウムはスカスカ
血液中に流れているカルシウムはたっぷり
そんなパラドックスを作らないためにも
毎日バランスよくカルシウムをはじめとするマルチミネラルを
摂取することが大切です.
今日のあなたの食事,ミネラルはどれくらい含まれていますか???

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ