インスリン

10401374_716832191713268_3347408645831102187_nこんにちは!!
サッカーワールドカップ、みなさん観てますか?
僕はスポーツ好きなので、観てます( ̄∇+ ̄)v
しかも、専門的な目で(= ̄∇ ̄=)
どうしたら、パフォーマンスが上がるのか
どうコンディショニングしたらいいのか
ついつい考えてしまいます(笑)

特に先日、イングランド代表のトレーナー(理学療法士)
うれしさのあまりにジャンプして、着地に失敗
足首を脱臼したニュースをみてちょっと複雑な気持ちになりましたが
僕もトレーナーとして、選手が結果を出せた時には
同じ気持ちになったことがあるので
彼にはとても勇気をもらいました.
世界トップの代表トレーナーでも
そういう純粋な気持ちを大切にしてるんだと
思うと、僕もさらにがんばらないと!!
と思います.

さてさて、前置きが長くなりましたが
今日で3回目となりました炭水化物シリーズ!!
身の回りにある炭水化物、あなたにとってどんなものでしたか?
あなたが活動するにあたって欠かすことのできないものだと思います.
そして、炭水化物の特殊なルールもありました.

炭水化物がブドウ糖に分解され血液中に血糖となって流れます.
その時の血糖の上昇が大きいほど、GI値は高いです.
その上昇幅が大きいほど大量に出るホルモンが「インスリン」と呼ばれるホルモンです.

この「インスリン」が身体の中で何をするかというと
『血液中の栄養を細胞まで運んでくれます』
かなりシンプルに説明しましたが、実はこのフレーズはかなり重要です.
なぜかというと、炭水化物と一緒に食べた栄養素によって細胞に運ばれるものが違うということです.
ビタミンやミネラル、良質な脂質・タンパク質であれば問題ありませんが
排出されにくい脂などが一気に取り込まれればそれはちょっと問題じゃないですか?

現代の食事を見回してみると、高GI食品と動物性の脂が多いです.
参考までにGI値リストです↓
http://www.geocities.jp/ho_ney8_2/gi_list.html
身体に脂が溜まりやすい食べ物を食べて、太ってしまうのは当然のことですよね?

どうしても高GI食品を食べたい!!
今、目の前にあるもののGI値がわからない!!
そんな時は食べ順です.
消化に時間のかかる、野菜や発酵食品から食べ始め
消化が早いかも知れない、炭水化物で終わる.
これで対策しましょう☆

それでは次回、6月19日は
「最速、炭水化物!?」でお会いしましょう☆

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ