では、あなたは何歳まで健康ですか?

10702015_761645203898633_752421946022875762_nNo.103
連載企画『予防医学』
第3回:『では、あなたは何歳まで健康ですか?』

こんにちは!
明日はいよいよ2ヶ月ぶりの
Optimal Health Labo Seminarです!
2ヶ月ぶりにみなさんにお逢いできることを楽しみにしています☆

前回は平均寿命についてお話しました!
日本の平均寿命は他の国と差がありましたか?
日本の医療が抱えている問題点が少し見えてきましたか?

今日は平均寿命から話を少し発展させて
『健康寿命』についてのお話をしたいと思います!
そもそも、みなさん『健康寿命』って耳にしたことありますか?

【健康寿命】
日常的に介護を必要としないで
自分のことはすべて自分でできる年齢のことです.
何らかの障害や病気などで日常生活のお手伝いが必要になった場合は
残ながらこれに当てはまりません.

この健康寿命の世界1位はどこかわかりますか?
そう、日本です!
男性が70.4歳、女性が73.6歳です.
では、前回のおさらい.平均寿命は?
男性が80.0歳、女性が87.0歳です.
平均寿命は2位の国と2歳ほど差がありますが
健康寿命は2位との差は1歳もありません.

男性の場合約10年、女性は約13年が
自立した生活を送ることができない期間です.
ちなみに諸外国は平均してこの期間は7年程度です.

そしてこの期間は介護を受けるということになりますので
介護費用もかかります.
現時点での介護にかかる費用は平均月額19万円です!
年間228万円×10~13年=2,280万~2,964万円!
ということは、現時点で健康の価値は約3,000万円と言っても過言ではありません.
また年齢を重ねると、介護費用の前に生活習慣病などにかかってしまうと
通院費もかかりますよね?
そうすれば生涯医療費は3,000万円を超えることになります.

現時点で健康なあなた
この視点で見れば健康=3,000万円の価値があるのではないでしょうか?
今、自分の健康に不安のあるあなた
今のうちに自分の身体を見直して立て直してみませんか?

それでは次回、9月11日(木)!
次回のテーマは
『あなたはどうやって健康を維持しますか?』でお逢いしましょう☆
Optima Health Labo

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ