ちゃんと活動している?あなたの腸

こんにちは!!
休みボケ抜けました???前回、見た目は子供、頭脳は大人よろしく
『うんち』をという単語を連発し、『うんち』について少し専門的な目で解説しました.
きっとそれも今日までです(笑)

前回もお話しましたが、健康な人のうんちの重量比は
80%が水分、残り20%は1/3が食べカス、1/3が腸内細菌、1/3が剥がれた腸粘膜となっていて
バナナのような形をしています.
80%が水分なので、水にも浮いています.
でも、『うんち』ってその人、その時でさまざまですよね?
あれってなぜでしょう?
人間の『うんち』は大きく分けて
①正常、②コロコロ、③びしゃびしゃ、④ひょろひょろ、⑤・・・に分けられます.
今日はそれらを解説していきます!!

①コロコロ
ストレスが溜まっていませんか?
ストレスによって腸が痙攣すると、ウサギの糞のようにコロコロうんちがでやすいです.
肉ばかり食べていてもコロコロしやすく
重たいから水に沈む。。。
②びしゃびしゃ
強烈なストレスによる過敏性腸症候群や細菌感染、暴飲暴食などが原因かも?
水分がたくさん出ているので、脱水症状に注意!!
下痢が続くようであれば一度医師の診察を。。。
③ひょろひょろ
うんちの芯である食物繊維が不足しているため、ちゃんと不要なものを捕まえることができていないのかも知れません.
また、腹筋が弱くなったため、押し出す力が足りないのかも。。。
④『・・・』
出てないんですか!?
排便が3日に1回以下の方は要注意!!
腸内細菌が腐敗物質を作り出している危険も!!

あとは【色】ですね.
健康な『うんち』は黄色または茶褐色をしています.
これが黒っぽくなるにつれて、悪玉菌が多くなっている傾向にあります.

このように腸は体の外からの影響を大きく受け、働きが活発になったり不活になったりします.
健康な『うんち』が出ていない場合、腸内の環境が悪く腸内細菌も正常に働いていないかもしれません.
人間の腸内細菌は大きく分けて3つ!!
善玉菌・悪玉菌・日和見菌です.
これらのバランスが善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7でなければいけません.

次回、5月13日【腸内細菌の役割?】にて解説していきたいと思います!!10310619_694636720599482_59601078577771528_n

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ