うんちについて

10273436_694635017266319_8527866676195453953_nこんにちは!!ゴールデンウィーク最終日!!
あなたは明日から仕事?それともまだまだ大型連休ですか?
Optima Health Laboページでは今日から新しい連載をスタートします!!
そのメインテーマは『腸内細菌』です!!
今日はその連載の1回目、【うんちについて】です!!

まず、ゴールデンウィークということでいくつかの質問してみたいと思います.
Yes or No?
□ 普段からお酒をよく飲んだり、インスタント食品やお菓子ばかり食べる。
□ 豆類、海藻類、根野菜を食べない。
□ 肉や油分が多い料理ばかり好む。
□ 水分をあまり摂らない。
□ 食事をよく抜く。
□ 3食食べる時間が不規則。

さあ、いかがでしょうか?
あなたはいくつ当てはまりましたか?
ゴールデンウィークで、結構生活リズムが崩れているのでは?

これは腸にかけている負担をいくつか上げたものです.
当然、当てはまる数が多いほどあなたの腸に負担がかかっています.

前もってお断りさせていただきますが
今回の連載では『うんち』という単語がたくさんでてきます.
すでに今回の連載タイトルが『うんち』です.
お食事中の方には申し訳ありませんが、腸内細菌を語る上で
『うんち』は欠かすことのできない存在です.
大人になってあまり口にすることがなくなった単語『うんち』
今回は子供の頃を思い出してたくさん出していきたいと思います(笑)
僕も人生でこんなに『うんち』を出したのは初めてかもしれません(笑)

では、さっそく・・・
私たちの『うんち』
80%が水分、残り20%は1/3が食べカス、1/3が腸内細菌、1/3が剥がれた腸粘膜となっています.
『うんち』約1gに6,000億~1兆個の腸内細菌が存在します.
私たちの体には約1,000兆個持っているため、毎日たくさん創られ、外から取り入れられます.
そして、たくさん排出されています.
また腸の細胞は人間の体でも最も再生速度が速く、3日ほどで入れ替わり古い細胞は『うんち』として排出されています.
それぐらい活発な器管なのです.
また腸の中ではホルモン合成が行われており
幸せホルモンである【セロトニン】の95%を創るのも腸です.
ストレスによって腸の働きは悪くなるが、腸内環境を良くすることでメンタルバランスまでが整うのです.

腸に負担をかけている習慣では
腸内細菌のバランスが崩れて正常な活動ができていないかもしれません.
あなたはちゃんと出ていますか?
3日1回は出ないとそれは危険かもしれません・・・
次回は5月8日【ちゃんと活動している?あなたの腸】です☆

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ