あぶらの役割

1425674_604006659662489_599086656_nみなさん、こんにちは!!
さあ、今日は『脂質』企画第2弾
『あぶらの役割』についてです.
人間に必要な3大栄養素、炭水化物・たんぱく質・脂質(あぶら)
ヒトにとって脂質はどのような役割を持っているのでしょうか?
その役割を大まかに説明すると・・・
・人間の身体を動かすエネルギーおよび、貯蔵エネルギー
・細胞膜やホルモン、胆汁を作る材料
・皮膚や髪の毛に潤いを与える
という役割を担っています.

先日の『油と脂について』でもお話させていただきましたが
“脂質”には大きく分けて2つありましたよね.
『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』
今日はその役割についてです( ̄∇+ ̄)v

飽和脂肪酸は体内でかたまりやすく
血液の粘度を高め流れにくくしてしまいます。
飽和脂肪酸の摂りすぎは中性脂肪や悪玉コレステロールを高める結果になります。

不飽和脂肪酸の中でも
リノール酸は皮膚に潤いを与え、免疫力を高め、身体の成長を助ける役割が
オレイン酸は善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを下げる役割が
リノレン酸は脳の発達には欠かすことのできない成分なのです.

現代人の食生活は脂(飽和脂肪酸)が多く、油(不飽和脂肪酸)が少ない傾向にあります.
また、油と脂以外の脂質を摂りすぎていることもご存じですか?
次回は『油と脂以外の脂質、トランス脂肪酸について』です.

同カテゴリ最新記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ